福岡のクリエイターが表現する“持続可能な社会”に向けたデザインやものづくりに触れる、1日限りのキャンパスを開校します。

福岡の魅力的なコンテンツを世界発信に向けてプロデュースするACALIと、「まちをキャンパス」として多様な授業を市民向けに展開している福岡テンジン大学が、1日限りのキャンパスを開校します。3つのテーマごとに福岡のクリエイターが「SDGsの視点でデザイン」するモノに触れ、クリエイティブなものづくりやデザイン体験ができるワークショップです。

【授業1】
■ファッション 10:00〜11:30
世界で1つだけのモノづくり〜アイデアで宿す価値の正体とは?〜
先生:新城 孝明(天祐株式会社CEO)

【授業2】
■インテリア 13:00〜15:00
真っ白なお花のテラリウム~“あるモノ”で生み出す私の暮らしのインテリア!!~
先生:ミルクぱく子

【授業3】
■マンガ 16:00〜17:30
4コマ漫画のネームに挑戦!生みの苦しみを疑似体験︕︖
先生:海猫屋(漫画ディレクター)

〈主催〉株式会社ACALI、福岡テンジン大学 〈共催〉クリエイティブ・ラボ・フクオカ